ソフトエイジの
One Day Diary

12月11日 365日活字中毒

執筆者AK
執筆者:A.K

ごく私的なことになりますが、好きなことを綴っていいというお言葉に甘えて、普段あまりできない読書の話をだらだらと書き連ねていこうと思います。
タイトル通り、私はがなくては生きていけない体質をしています。

本

外出時はほぼ必ずを常備し、電車に乗っている時等の時間を読書で埋めています。
お行儀の悪い話で申し訳ないんですが、一人で食事をする際にもたまに読みながら食べています。
どういうを好むかというと、小説なら一通りなんでも読みます。
あと厚さも大事です。
できるだけ分厚い方がいいです。
たまにノンフィクションも読みます。
コンセプトは「面白けりゃなんでもいい」です。
推理小説、ファンタジー、時代物、ホラー、海外小説、なんでも読みますが、唯一、恋愛ものだけはあまり好んで手を出しません。
でもまったく読まないわけではなく、話題作になったものや人に勧められたものなどはたま~~~~~~~~~~~に読みます。
けっこう前にかなり話題になった、どこかの中心で何かを叫ぶようなやつも読みましたが、心が汚れきっているので
「うん・・・(´・ω・`)」
くらいの感想しかもたないのです。
だからあまり好んで読みません。

恋愛小説

「趣味は読書です。」と人に言うと、読書をしない方は「文字だけのページって読むの大変じゃない?」とか「漫画は読めるけど、小説は無理~~~(;´Д`)」とかよく言われます。
でも小説も慣れると漫画と変わりません。
なぜなら目は文字を追っていますが、頭の中の映写機がカラカラと回りながら文章を忠実に再現した映像を眼前に映し出してくれているので、感覚的には「文字を読んでいる」というより「映像を見ている」に近いからです。(個人の見解です)

仮想映写機

ちなみにこれを言ってもあまり信じてもらえません。
「文字は文字だ!」とか言われます(笑)
読むはBOOK OFFなどで定期的に十冊程度買い漁るのですが、なんの指針も持たずに買いに行くので選ぶのが結構大変です。
なのでお勧めのがあったらどなたか教えてください。
辞書みたいに分厚くて死ぬほど面白いを・・・。
駄文失礼しました。

12月4日 プチ引っ越し

執筆者TK
執筆者:T.K

12月になり徐々に冷え込んでまいりました。
東北出身といえど慣れるとこちらも普通に寒いです。
そんななか、作業場の拡張に伴い事務所のプチ引っ越しを行いました。
※作業場拡張のためだけなので柏事業所所在地は変わっておりません。
ビルの入り口はクリスマスツリーの飾り付けが行われており、とてもきれいです。

入口のクリスマスツリー

入口左隣に居る金魚も見とれてひっくり返っていました。(死んでません。)

金魚

そして引越しに伴いまして、柏事業所の受付が広くなりました!
ブログ初回と見比べるととても広々としています。
受付有志社員としては、観葉植物以外にも何か置きたいと悩んでおります。

NEWソフトエイジ受付

ご来社頂いた方にお待ち頂くのにベンチを置くか…
システム会社らしく最先端な電子機器を置くか…
どう○つの森なら簡単に作れて配置も簡単なのに…!
カイゾーさんにお願いしたいところです。

戻る